マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「おひとりさま」市場の拡大に当事者たちの本音 「特別扱いしないで…」

2021年1月1日 7:00

「おひとりさま」の呼称に違和感
「おひとりさま」の呼称に違和感

 すっかり定着した「おひとりさま」という言葉。飲食店などに1人で訪れる客を指す言葉として使われることが多いが、結婚しないライフスタイルも当たり前の時代になり、多くの業界が「おひとりさま」を対象としたサービスを提供し始めている。

 外食、カラオケ、住宅、旅行など多数の分野で、今後もおひとりさま市場は拡大していくと予想されるが、そんな盛り上がりとは裏腹に、「おひとりさま」への“特別扱い”に違和感を抱く当事者たちもいる。彼ら/彼女たちの本音とは。

「ネガティブな印象を払拭しようとしているんでしょうが、今となっては、1人で楽しむ趣味や嗜好って、別に特別ではないと思うんです。もう令和ですよ。最近、あるテレビ番組の企画で、1人では挑戦しにくいものを格付けする『おひとりさま難易度』というのをやってたんですが、ネタにされている感じで、すごくモヤモヤしました」

 そう話すのはIT企業で働く30代の男性・Aさん。「難易度」と表される背景には、“1人でいることはかわいそうで、苦痛である”という偏見がまだまだ根深く存在するのではないかと、分析する。

「まったく苦ではないし、なんなら1人のほうが楽です。そもそも、好きなことなら誰にも邪魔されずに1人で楽しめる時間にこそ喜びを感じます。そういうことが理解されてないから、異質で“特別なもの”として扱われるのでは」(Aさん)

 商社業界で働く30代の女性・Bさんは、「おひとりさま向けプラン」「おひとりさま歓迎」「おひとりさま席」という、「おひとりさま」を前面に出したサービスに違和感を抱く。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。