マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

孫氏は2.5兆円、柳井氏は1.5兆円 令和の株長者150人ランキング

2021年1月5日 7:00

令和の「ネオ株長者」150人ランキング1~20位
令和の「ネオ株長者」150人ランキング1~20位

 令和の大金持ちはどのような面々なのか──。それを推し量るデータとなるのが「株式」の保有数だ。上場企業約4000社の決算書や大株主の情報などを分析・検索する企業価値検索サービス「Ullet(ユーレット)」の協力を得て、2020年10月末時点の「新・株長者」ランキングを作成した。

「上場企業の有価証券報告書から個人の大株主を抽出し、保有株の時価総額で上位の150人をランキング化しました。個人に絞った順位を公開するのは初の試みです」(ユーレットCEOの西野嘉之氏)

 リストからは日本経済の縮図が垣間見える。上位で目立つのは、有名企業の創業者たちだ。

 ソフトバンク会長・孫正義氏、ファーストリテイリング会長・柳井正氏に次ぐ3位にランクインしたのは、センサーメーカーのキーエンス名誉会長・滝崎武光氏。

 1974年に滝崎氏が設立した同社は2019年3月期決算で粗利益率80%を記録、コロナ禍でも好業績を維持している。保有金額が1兆円を超えるのは、孫氏、柳井氏、滝崎氏のみである。

コーセー一族の固い結束

 4位の日本電産会長・永守重信氏、10位のABCマート元会長・三木正浩氏、33位のセブン-イレブン・ジャパン元会長・伊藤雅俊氏らも有名企業の創業者である。

 そうした経営者とともに、創業者の「血縁者」も上位にランクインした。

 柳井氏の一族からは長男の一海氏(5位)、二男の康治氏(6位)、妻の照代氏(11位)がランクイン。

「この4人で30%以上保有しています。過去に柳井氏は世襲を否定していましたが、2018年11月からは息子2人を取締役に据えており、“どちらかに継がせるのではないか”との声が根強い」(『経済界』編集長の関慎夫氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。