ビジネス

孫氏は2.5兆円、柳井氏は1.5兆円 令和の株長者150人ランキング

令和の「ネオ株長者」150人ランキング21~40位

令和の「ネオ株長者」150人ランキング21~40位

 コーセー創業家・小林家からは2代目社長・小林禮次郎氏の長男で現社長の一俊氏、二男で専務の孝雄氏、三男で常務の正典氏が16~18位に並んだ。禮次郎氏を取材していた経済ジャーナリストの福田俊之氏がいう。

「主要子会社のアルビオンの経営トップも含め、ほとんどの重要ポストを一族が務める典型的な同族企業。コーセーには代々受け継がれている経営の掟として、『香り』『デザイン』『企画・宣伝』の3つは代表権を持つ者が決裁する『三大決裁』のルールがあります」

 目を引くのは、「大塚姓」が3人いる点。

 お家騒動に発展した「大塚家具」でも、“ポカリスエット”で知られる「大塚製薬」でもなく、「たのめ~る」のCMなどで有名なITサービス業・大塚商会社長・大塚裕司氏(120位)と2019年に亡くなった創業者で元会長・大塚実氏(121位)、系列会社サイオス取締役・大塚厚志氏(135位)だった。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。