マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

親の死後に公共料金解約 付随サービス料を請求され続ける落とし穴も

2021年1月11日 7:00

公共料金だけでなくサービスに付随した契約も確認を(イメージ)
公共料金だけでなくサービスに付随した契約も確認を(イメージ)

 1人暮らしの親が死んだ場合、親が支払っていた携帯電話やネット料金、定期購入していた新聞や商品、フィットネスクラブの月会費など、解約しなければならない事は多いが、それ以前にやらなければいけないのが、公共料金の解約だ。

 しかし、そこには落とし穴があるという。実家の父を3年ほど前に亡くした元参院議員の丸山和也・弁護士が語る。

「父は105歳で他界しました。亡くなるまでの7年は施設にいたのですが、その間自宅に戻る可能性もあるからと、誰もいない実家のガス、電気、水道は契約し続け、死後もしばらくそのままにした。2019年に解約するまで払い続けたんです。

 でも家の中をよく見たら、固定電話までそのままでした。空き家になっても年に数回は様子を見に帰っていたので、電気は必要でしたが、固定電話は早く解約すれば良かった」

 85歳の父を亡くした映画監督の三上智恵氏は、公共料金に付随したサービスも見落としてはいけないという。

「ガスは止めたのに、その子会社との契約による『見守りサービス』はその後も請求され続けたのです。知った時は唖然としました」

 ガス会社の見守りサービスとは、トイレ扉の開閉を感知するセンサーを設置し、一定期間に反応がない場合には遠方の家族に連絡が入るもの。警備会社が行なうものなど、付随契約したサービスは見落とされがちだ。

 こうした“落とし穴”にハマらないよう、公共料金を止める際に1つ1つ会社に問い合わせて確認する必要がある。

※週刊ポスト2021年1月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。