投資

コロナ禍で加入者急増の「つみたてNISA」、人気の秘密とそのメリットとは

20年後は運用益が約550万円に。「つみたてNISA」運用シミュレーション

20年後は運用益が約550万円に。「つみたてNISA」運用シミュレーション

 たとえば、つみたてNISAで毎月1万円ずつ、利回り5%で20年間運用できた場合、元本240万円に対し、20年後には約411万円となり、約171万円も得する計算になる。月3万3000円ずつを利回り5%で運用できたとすると、20年後は元本792万円に対し、運用益はなんと約547万円。合わせて1300万円以上にもなる。

 一方で、いまや大手銀行の普通預金の金利はわずか0.001%ほど。仮に20年間運用したとしても、利益は数百~数千円にしかならない。

「基本的には“これだ”と思える投資信託を選んで、後はほったらかしでOK。ステイホームや時短営業などによって家で過ごす時間ができ、投資の勉強を始める人が増えているので、つみたてNISAで投資デビューして、本格的な投資に挑戦するきっかけにするのもいいでしょう」

※女性セブン2021年2月4日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。