マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

不動産、株、投信… 定年後のやってはいけない投資、やっていい投資

2020年11月15日 19:00

退職金でまとまった資金ができても投資先選びは慎重に(イメージ)
退職金でまとまった資金ができても投資先選びは慎重に(イメージ)

「60歳定年」が過去のものとなり、定年後の「雇用延長」や「転職」で間違った選択をすれば、老後資産計画を大きく狂わせかねない。平均寿命が伸びる中で、老後生活を豊かに暮らすにはどうすればよいのだろうか。

 徐々に体力が低下していく定年後の10年。雇用延長や転職ではなく、投資など「不労所得」に頼るのも一手だ。ファイナンシャルプランナーの深野康彦が指摘する。

「預貯金に加えて退職金である程度まとまった資金ができるはず。それを寝かせておくよりは上手く運用するほうが賢明です」

 ただし投資はリスクを伴うため10年後までに得られるリターンや初期負担を総合的に判断して、最適な投資先を選びたい。

 まとまった資金ができるため手を出す人が多いのが不動産投資だが、専門家の見立ては厳しい。

「本来、不動産投資は現役時代にローンで購入して、負債を返済しながら賃貸収入でプラスになることが理想です。しかし定年後はローンを借りることが難しく、目当ての不動産を退職金で一括購入するケースが多い。仮に2400万円の中古物件を購入して家賃9万円で貸し出したとしても、元金を取り戻すのに20年以上かかる。

 また不動産による収入は所得に加算されてしまうので、所得税が上がるなど余計な負担が増える点も注意したい」(マネーコンサルタントの頼藤太希氏)

 不動産関連なら、REIT(不動産投資信託)のほうが定年後向きだ。

「投資家から集めた資金を不動産に投資し、そのリターンを配当する金融商品です。不動産と違って直ちに売却できるので、危ないときはリスクヘッジできる。今は平均4%ほどの利回りがあるので、10年キープできれば“金の卵”を産み続ける」(前出・深野氏)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。