マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ禍の健康診断は不要不急か否か 会社員たちの間で分かれる意見

2021年1月25日 16:00

コロナ禍だからこそ健康診断を受けるべき?受けないべき?
コロナ禍だからこそ健康診断を受けるべき?受けないべき?

 新型コロナの感染拡大に歯止めがかからず、1月に発令された緊急事態宣言の対象地域も拡大されている。医療体制の逼迫が懸念されるうえ、医療機関でクラスター(集団感染)が確認されるケースもあり、ちょっとした体調不良なら病院に行かずに様子を見る、という人も少なくないのではないだろうか。同様に悩ましいのが毎年受けている健康診断の受診判断だ。

「今、医療関係者たちの余計な手間をかけたくないので、体調管理や怪我には気を付けています。そのなかで、悩んでいるのが健康診断。僕はこれまで検査に引っかかったこともないし、不要不急のもののような気がする。かといって、何か病気が隠れているかもしれないし……」

 そう話すのは、IT企業に勤める30代男性・Aさん。もともと健康診断の日程は昨年11月だったが、新型コロナの影響で後ろ倒しになった。だが、変更された日程は今年1月下旬だった。

「11月時点でわからなかったとはいえ、よりにもよって感染者が増え、緊急事態宣言が出ている最中に行かないといけないのか。でも、会社からのお達しで、行かないという選択肢はない。秋に行っておくべきだったのではと、憂鬱です」(Aさん)

 メーカーに勤務する20代女性・Bさんも、1月中に健康診断を受けなくてはならない。もともと会社から昨年6月~今年1月の間に健康診断を受けに行くようにと言われており、まもなく期限がやってくる。しかし、見送ることも考えているという。

「夏あたりに行っておけば良かったと後悔しています。先伸ばしにしてしまったのは自分のせいとはいえ、どうにかキャンセルできないのか、担当者に相談してみようと思っています。見送ることができたらいいのですが」(Bさん)

 Bさんが受診予定の病院は、過去に新型コロナの院内感染があったという。当然その後の対策には気をつけているだろうが、Bさんは「自分が知らず知らずのうちに、外からコロナを持ち込んでしまったらどうしよう、と気になります。病院には免疫力が低い患者の方もたくさんいるわけですし……」とその足は重い。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。