マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ禍で「脱手帳」、スケジュール管理をデジタルシフトした人たちの変化

2021年1月26日 15:00

そういえば手帳を使わなくなったという人も…
そういえば手帳を使わなくなったという人も…

 コロナ禍でリモートワークが普及するなど業務のデジタル化が進行する中、スケジュール管理の仕方にも変化が起きているようだ。これまで紙の手帳を使っていた人たちの中で、パソコンやアプリでのスケジュール管理に切り替えている人も増えている。

 人材派遣会社に勤務する30代女性・Aさんは、2020年までは手帳を持ち歩いていたが、外出自粛や在宅勤務の影響から利用機会が激減。今年はついに購入をやめたという。

「迷ったのですが、今年は買いませんでした。在宅勤務になったことで、ずっとパソコンに向かっていることから、スケジュール管理もデジタルにシフトしようと思いました」(Aさん)

 Aさんは、Googleカレンダーで管理することにした。もともとGmailをよく利用していたので、その連携を意識したためだ。「切り替えは大正解だった」と語る。

「パソコンとスマホが同期できるのが、こんなに便利だとは思いませんでした。オンライン会議の通知もGoogleカレンダーで共有される。予定を自動的に登録してくれる機能もある。本当に便利です。もう紙の手帳には戻れません」(Aさん)

 メーカーに勤務する40代男性・Bさんは例年、年末年始の取引先との挨拶で、手帳や卓上カレンダー、壁掛けカレンダーをもらっていた。だが新型コロナの影響から、そうした挨拶がなくなったことで状況が変わった。

「毎年アテにしていたので、かなり焦りました。取引先にそれとなく手帳やカレンダーはどうしているのか聞いてみたところ、挨拶に出向かないだけでなく、手帳と卓上カレンダーについてはそもそも作るのを止めたとのこと。作ったのは壁掛けカレンダーだけで、それもいつもの部数の何分の一かという程度。経費削減だそうです。まさか、こんなところまでコロナが影響してくるとは」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。