マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

定年後夫婦の金銭感覚すり合わせ まずは2人で月の収支を把握しよう

2021年2月19日 15:00 女性セブン

老後の家計について夫婦で何を話すべき?(イメージ)
老後の家計について夫婦で何を話すべき?(イメージ)

 老後生活には2000万円が必要──2019年にはそんな「老後2000万円問題」も話題になったが、定年後の家計を安定させるには、夫婦間でお金に関する理解の共有が必要だ。とくに、金銭感覚のすり合わせを実践すべきとして、ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんはこんなアドバイスを送る。

「感覚が変わらないという人の多くは、月の収入と支出を把握していません。奥さんが家計を管理してしまうと夫に実感がわきづらい。定年後は当然収入源が限られます。アルバイトでもしていない限りは年金が主な収入で、それ以外は貯金を取り崩す夫婦が大半ですが、月の支出が総額いくらで、年金だけでは不足するお金がいくらか、その分の取り崩しをいまの貯金からすると何年もつのかなど、お互いに理解しておく必要があります」(山中さん・以下同)

 とはいえ、夫婦であっても、お金に関する話は切り出しにくい。そんなときは、第三者の話をフックにするといい。

「たとえば『お友達の旦那さんが倒れて、通帳や印鑑、保険証書のありかがわからなくて困っていた』などとそれとなく話し、うまくお金の話を切り出してみてください。実際に夫婦のどちらかが倒れるリスクは20年前と比べて格段に高くなっている。ましてやどちらかに障害が残れば、否が応でも家のことはすべて、残るひとりがやることになります。そういった現実味を夫に感じてもらうことも重要です」

 もちろん妻も、お金の収支や残る財産をきちんと把握しておくべきだ。

「お互いに知っておけば、逆算して月にいくらまでなら使ってもいいか決められます。時々『夫が定年後に旅行に連れて行ってくれたけど、こんなにぜいたくしても大丈夫なのかしら?』と不安がっている奥さんが相談に来ますが、今後30年の生活費およびお小遣いとして使える額を把握していれば、不安なく旅行を楽しめる。まずは知ることから始めてください」

 浪費はもちろんNGだが、切り詰めすぎると味気ないだけでなく不便な生活になる。

「よくコストカットのために車を手放すという話を聞きますが、よっぽど都会に住んでいないかぎり不自由になります。そこまでがまんするなら、シルバー人材センターに登録して、その分、コツコツと稼いだ方が心身の健康にいい」(『定年ちいぱっぱ 二人はツライよ』の著者・小川有里さん)

 また、これまでサラリーマンとして過ごしてきた人にとっては、定年退職後に「毎月の収入」がなくなることは大きい。

「公的年金の支給日は2か月に1回、偶数月だということを、改めて夫に認識してもらいましょう。勤めている間は毎月1回お給料が振り込まれていたので『月末まででいくら使える』と考えてしまいがちですが、そのスパンが倍になる。直しておかないと、使いすぎてしまうこともある」(山中さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。