マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナで1.5倍増産も品薄続く アイリスオーヤマのマスク開発秘話

2021年2月10日 7:00

マスクの中央にワイヤー通すことで口元に空間ができ、息がしやすいという
マスクの中央にワイヤー通すことで口元に空間ができ、息がしやすいという

 ウィズコロナの時代、マスクの供給が安定してきた現在も人気で手に入りにくいマスクがある。それが、アイリスオーヤマの『ナノエアーマスク』だ。もともとはこの商品、花粉症向けに開発されたという。開発を手がけた女性営業部長にヒットの裏側を聞いた。

 アイリスオーヤマといえば、ホームセンターで扱う日用品を思い浮かべがちだ。しかし、新型コロナウイルスによるマスク需要の拡大で人気を博し、国内最大のマスクメーカーへと成長した。特に、好評のため店頭に並んでもあっという間に売れてしまうのが、通気性を保ちながらウイルス飛沫や花粉を99%カットする『ナノエアーマスク』だ。

 実は『ナノエアーマスク』は、新型コロナウイルスありきで作られた製品ではない。始まりは3年前の春にさかのぼる。ヘルスケア事業部長の岸美加子さんは、出張の際に新幹線内で、花粉シーズンなのにマスクをつけずにつらそうな人をたびたび見かけた。「マスクをすれば花粉を防げるのに、なぜ?」。疑問に感じた岸さんが調べたところ、4月になると花粉症向けの薬は売れ続けているのに、マスクの売り上げは減少しているという。気温が15℃を超えると、多くの花粉症患者がムレにより不快に感じるからだ。「ならば、ムレや息苦しさを感じないマスクがあれば受け入れられるはず」──そこからマスクのフィルターの開発が始まった。

特殊製法のフィルターが口元の温度上昇を緩和し、蒸れによる不快感を軽減してくれるナノエアーマスク
特殊製法のフィルターが口元の温度上昇を緩和し、蒸れによる不快感を軽減してくれるナノエアーマスク

 普通、ムレを感じないほど通気性が高いフィルターでは、花粉やウイルスも通過してしまう。通気性とフィルターの双方とも性能を高めるという課題は難題だった。1年を費やしてたどり着いたのが、フィルターの繊維を太くして、さらにクモの巣のようにナノ繊維を這わせるというもの。ウイルスが侵入する隙間を塞ぎながら空気の通り道を作るのだ。それによって、口元の温度上昇を半分に軽減させることができた(※同社既存商品との比較による。既存商品の口元温度の上昇平均が1.2℃だったのに対し、『ナノエアーマスク』は0.6℃と半減)。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。