マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

“マスク警察”に無許可でスマホ撮影された 法的対抗手段は?

2020年11月1日 11:00

身勝手な撮影にどう対処するか(イメージ)
身勝手な撮影にどう対処するか(イメージ)

 個人の肖像権やプライバシー保護への意識が高まっている昨今。その一方で、SNSなどに顔写真を無断で公開されることも少なくない。そういった事案に巻き込まれた場合、法的に対抗することは可能なのか? “マスク警察”のケースを例に、弁護士の竹下正己氏を解説する。

【相談】
 近頃はマスクを忘れて街に出ると、いわゆるマスク警察のような人が、スマホで私を撮影します。その行為は恐怖であり、文句をいうと、その様子も動画で撮影しているようでタチが悪すぎます。今の法律ではスマホの撮影を規制するのは難しいでしょうが、それでも法的に縛りをかけることはできませんか。

【回答】
 人は自分の容ぼう等を撮影されたり、写真を使用されないことについて、法律上保護されるべき人格的利益があります。

 それが肖像権です。無断で他人の顔写真を撮ることは肖像権侵害で、不法行為になります。また、その写真を公表することも同様です。しかし、正当な取材行為等のように許されるような場合もあります。撮影された人の社会的地位や活動内容、撮影の場所、目的、撮影態様、撮影の必要性等を総合考慮し、人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるかどうかで判断されます。一般の私人で、世間の注目を集める事件の関係者でもなければ、たとえ公道など公共の場であっても、断わりなく顔を撮影するのは肖像権の侵害です。

 マスクを着用しない人を撮影しても、感染防止には役立ちません。

 コロナの自粛警察は単に不快な思いをさせ、マスク着用を促そうということでしょうが、着用を要求する権利はないのですから、正当な理由はなく、嫌がらせというべき行為だと思います。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。