マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

“マスク警察”に無許可でスマホ撮影された 法的対抗手段は?

2020年11月1日 11:00

 承諾がない限り、肖像権を侵害する不法行為で、制止を無視して撮影し続けるのは、肖像権侵害の継続になります。撮影者に対し、不快な思いをさせられたことの賠償として、慰謝料を請求できます。

 とはいえ、撮影者を特定できなければ、実際には慰謝料の請求はできません。肖像権侵害だと明確に告知して中止を求め、その様子も撮影させ、それでもやめなければ、相手にしないのが一番です。行く手をふさぐなど、つきまとって撮影を続ければ、軽犯罪法違反です。警察を呼ぶのがよいでしょう。

 制止しようと手を出すと、逆に暴行などで告訴されかねませんので、冷静に対応すべき。また、万一動画をSNSなどにアップされたら、投稿者を探し出し、慰謝料を請求できる場合もあります。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。