マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

三井・三菱・住友 コロナ禍の地価変動で不動産大手の先行きに暗雲

2021年2月19日 7:00 週刊ポスト

コロナ禍が財閥系不動産会社にどう影響?(写真は三井不動産のCOREDO日本橋、時事通信フォト)
コロナ禍が財閥系不動産会社にどう影響?(写真は三井不動産のCOREDO日本橋、時事通信フォト)

 コロナの感染拡大により、不動産バブルは崩壊の危機に瀕しているようだ。不動産ジャーナリストの榊淳司氏が指摘する。

「日本の社会構造は激変している。リモートワークの普及によるオフィスの縮小や、顧客が減ったテナントの撤退などが進み、都心のビルの空き室率が上昇して、賃料が下落しています。また個人所得の減少で不動産需要が減る一方、住宅ローンの返済が困難になり、マンションの投げ売りが始まる可能性がある。この先、不動産価格の下降傾向は避けられないとみています」

 巨大不動産を保有して事業を展開する大手企業は多数あるが、これまで安定収益をもたらし、ステータスにもなっていた「不動産」と企業の関係はどう変わっていくのか。

 不動産大手は「本業」なので当然、多くの土地・建物を保有する。三菱地所は丸の内などのオフィスビル、三井不動産は再開発や商業施設などに強みを持つことで知られる。住友不動産は都心の再開発や分譲マンション事業を数多く手がけ、業界トップの営業利益率を誇る。

「ただ、風向きが変わってきます。五輪特需に沸くはずだった東京の臨海エリアなどは、コロナで状況が一変した。

 三井不動産の『ららぽーと豊洲』にほど近い立地に、住友不動産は昨年6月に複合商業施設『有明ガーデン』を開業しました。五輪で世界各国の観光客が食事や買い物を楽しむはずでしたが、開催が危ぶまれる状況で人影はまばらになり、当初の想定とは大きく変わった」(不動産ジャーナリスト・榊淳司氏)

 住友不動産は昨年4月、羽田空港跡地に複合施設「羽田エアポートガーデン」を開業予定だったが、コロナで無期延期に追い込まれている。

 同社広報部は、「有明ガーデンは徐々に知名度が上がり、粛々と営業しています。羽田の施設の開業日は未定のままです」とコメントした。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。