ライフ

案の定ダメでした… 現役エステティシャンが明かす「やせられない女性」の典型例

意識改革もエステティシャンの仕事?

意識改革もエステティシャンの仕事?

 きれいになりたい──と願い、高いお金を使ってエステサロンに通う人も多いだろう。しかし、百戦錬磨のエステティシャンの手を借りても、絶対に成功しないタイプの人もいるという。そこで、現役エステティシャンが匿名を条件に“成功しないタイプ”の典型例を明かす。

エピソード1「エステに通うだけではやせられない!」

「ママにすすめられて来ました。ちょっと太っているからやせた方がいいかなって」

 甘ったるい口調でこの一言を聞かされた時点で、さじを投げかけましたね。だって、本人は「ちょっと」と言いますが、身長150cmで体重80kg超え。背中から腰にかけてのラインは真四角。これで“ちょっと”と思っているなら、自分をわかっていなさすぎるでしょ。いや、いい子ではあるんですよ。

「先生のマッサージ、すごい! 体が絞られる感じで、すぐにやせちゃいそう」

 って、私の施術をいちいちほめてくれるしね。でもね、勘違いされては困るから、きちんと伝えたんです。

「これはむくみがとれただけで、脂肪がとれたわけではありません。やせるには食事制限と運動も必須ですよ」

 と。そして、次に来店するまでに食べるべきレシピと運動を表にして渡し、

「ご自宅からここまでの距離は2kmぐらいだから、歩いて通うのはいかがですか?」

 と提案。笑顔で「はーい」と答えていたので、まずは信じてみようと思ったのですが……。案の定ダメでしたね。通常1か月で体形に変化が見られ、3か月もたてば体重は減るのですが、なぜか増えていく……。そこである日、嫌みっぽく聞いたんです。

「こんなにお腹が膨らんで。昨日のディナーはさぞかしおいしかったのね」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。