マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

企業が注目するシニア世代の仕事スキル 「70才就業法」施行も雇用後押し

2021年4月5日 7:00

8割以上の企業がシニア採用に積極的
8割以上の企業がシニア採用に積極的

「注文とれたでぇ~」。朝8時、「受注おめでとう!」という文字が浮かんだパソコンの画面を見ながら、西蔭幸代さん(83才)はつぶやいた。

 彼女の住む徳島県上勝町は、険しい山々に囲まれ、梅や桃をはじめ南天、椿、もみじなど豊かな木々が育つ。それらの葉を栽培して収穫し、料理を彩るために添えられる「つまもの」として出荷するのが西蔭さんの仕事だ。

 上勝町では、この「つまもの」の販売やシステム運営を行う会社「いろどり」の情報支援のもと、70代の女性を中心におよそ300人がこの「葉っぱビジネス」に従事している。「梅の花10ケース」「南天の葉10ケース」といった農協の注文は、毎朝8時ちょうどにオンラインで受付競争が始まるため、彼女たちはそれぞれの家で固唾をのんでパソコンの画面を見つめる。

「注文の品は事前に画面で確認できるため、高値で取引してもらえる人気商品に目星をつけ、7時59分58秒になった瞬間に注文ボタンをクリックします。運がよければ8時きっかりに注文が取れますが、競争に負けることも多い。受注に成功したら山や畑で目当ての葉っぱを摘んで出荷します」(西蔭さん)

 西蔭さんがこの仕事を始めたのは30年ほど前。縫製工場に勤めていたときにお隣さんから「ゆきちゃん、工場より私がやってる葉っぱの仕事の方がいいでよ」と誘われたことがきっかけだった。以降、83才のいままで一日も欠かさず働いてきた。

「2014年に亡くなった夫が盆栽好きで、いろいろな木を周辺に植えていたおかげでこの仕事ができています。毎朝8時5分前にパソコンの前にスタンバイして、注文が取れても取れなくても日が暮れるまで畑作業を続ける。夜はタブレットやパソコンで注文状況をチェックしたり生産部会のネット掲示板を見たり情報収集をして、すべて終えて寝るのは23時頃。朝寝坊したこと? そんなの絶対ない! 一日もないです」(西蔭さん)

 デジタルデバイスを使いこなす西蔭さんは、記者の取材にZoomを使って応じてくれた。始終穏やかで楽しそうに話していた彼女だが、寝坊や欠勤の有無を聞くやいなや、語気を強めて強く否定する。

「葉っぱビジネス」への気合と矜持を感じた瞬間だった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。