マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

ノジマの再雇用1号社員「長く働くコツは仕事に没頭し過ぎないこと」

2021年4月11日 7:00

家電量販大手ノジマの丸本さんは週5日、1日7時間半のフルタイムで勤務。役職手当は無いが、60歳時点の給料と変わらない条件で働いている
家電量販大手ノジマの丸本さんは週5日、1日7時間半のフルタイムで勤務。役職手当は無いが、60歳時点の給料と変わらない条件で働いている

 4月から「70歳就業法(改正高年齢者雇用安定法)」が施行され、いよいよサラリーマンの人生から「定年」という概念が消滅する時代がやってくる。

 60代のうちはもちろん、70歳以降も働き続ける──それは一体、どんな人生になるのか。改正法施行に先立って、70歳以上の雇用を進めている企業の“生涯現役社員”に、話を聞いた。

「65歳以上の再雇用が今年から制度化されて、私が第1号の社員です」

 家電量販大手のノジマで、店舗の販売管理システム、会計システムなどを運営するITシステム部でフルタイムで働く丸本明寿さん(65)が言う。

 もともとノジマでは、店舗で販売員として働く70歳以上のベテランスタッフは少なくなかったが、今年から改めて再雇用制度を見直した。65歳で定年を迎えた全社員が、希望すれば80歳まで1年ごとの契約更新で働けることになった。

 丸本さんは別の会社に在籍していた時に、ノジマのオンラインシステム運営に携わり、その縁で1997年、同社に中途入社した。長年にわたりシステムを見てきた強みが、現職にも活かされている。

「システム運営はチームでの成果が問われます。若いスタッフを育成しながら経験を共有できる人間になれば、年齢に関係なく活躍できます」

 職場を見学すると、若手社員からの相談に答える丸本さんの姿があった。20代の若手社員は、「初期の頃からノジマのシステムを知り尽くし、頼りになるお父さんのようです(笑い)」と話す。

 丸本さんは長く働くコツについて、「仕事に没頭し過ぎないことが大切だと思います。時々立ち止まって、自分の働き方を振り返るくらいがちょうどいい」と言う。残業を厭わず仕事に没頭した50代までと意識的に働き方を変え、当面は70歳まで働くことが目標だ。

※週刊ポスト2021年4月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。