マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

隠れた名品・コンビニ『チキンカツサンド』 厚さと重さを実測比較してみた

2021年4月18日 15:00

ローソン『チキンカツサンド』(左)とセブン-イレブン『チキンカツサンド』(右)
ローソン『チキンカツサンド』(左)とセブン-イレブン『チキンカツサンド』(右)

 コンビニの“カツサンド”といってまず思い出されるのは、「とんかつ」のカツサンドだろう。しかし、隠れたコンビニの“定番カツサンド”といえば、実は「チキンカツサンド」。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏が説明する。

「とんかつを使ったカツサンドが定番なのはもちろんですが、意外とコンビニで人気なのがチキンカツサンドです。通年にわたって販売されているわけではないものの、定期的に登場する商品となっています」

 コンビニのチキンカツには、どんな特徴があるのだろうか。

「とんかつのカツサンドに比べて、少々値段が安く、なおかつ分厚いというのが大きな特徴です。サンドイッチとしてはボリューミーで、バーガーのような食べごたえがある商品も多いです」(小浦氏)

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンとローソンで販売されているチキンカツサンドを実食。その特徴に迫る。(※取り上げた商品は、2021年4月12日時点で東京都内で販売されているものです)

セブン-イレブンはキャベツがたっぷり

セブン-イレブン『チキンカツサンド』
セブン-イレブン『チキンカツサンド』

 セブン-イレブンでは『チキンカツサンド』が販売中だ。価格は334円(税込み、以下同)。カロリーは467kcal。重量を測定したところ、179gだった。

セブン-イレブン『チキンカツサンド』の最も厚い部分は約4cm
セブン-イレブン『チキンカツサンド』の最も厚い部分は約4cm

 ほかのサンドイッチに比べても、明らかに分厚いこの『チキンカツサンド』。もっとも厚みがあった部分を測定したところ、その厚さは約4cmだった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。