マネー

医療保険に関する10の疑問に専門家が回答 コロナ感染、うつ病の場合は?…他

質問9:数年前から、保険の管理は息子夫婦に任せています。そろそろ見直しをすべきか考えていますが、何を話し合えばいい?(77才・無職)

回答:「医療保険は満80才まで契約できるものがほとんど。それ以降は選択肢がかなり限られます。75才以降は、最後の確認だと思って早めに見直しましょう」(岡山さん)
「実際に保険金請求が必要になったとき、自分が請求できるとは限りません。何種類の保険に加入しているのか、請求先はどこか、誰が受け取り人なのか、代理人は誰なのかなど、家族で情報共有すべきです」(山中さん)

質問10:近年は入院日数が短期化しています。長期入院への備えより、短期入院や通院に重点を置いた方がいいですか?(62才・主婦)

回答:「がんでも平均で17.1日と、昨今は入院日数が減っています。そのため、日帰り入院からでも入院給付金が支払われる『一時給付金型』が主流に。長期よりも短期入院に重点を置き、入院前後の通院で保障される日額の額面も減らし、一時給付金の大きい保険に変えるのがおすすめです」(岡山さん)

※女性セブン2021年5月20・27日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。