マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「脱・ストロング缶」で低アルコール飲料へ“転向”した人たちの心境変化

2021年5月14日 19:00 マネーポストWEB

「脱・ストロング缶」を決意した消費者たちの心境変化とは
「脱・ストロング缶」を決意した消費者たちの心境変化とは

 コロナ禍で、アルコール度数の高い「ストロング缶」を好んで飲んでいた人たちに変化が起きつつあるようだ。在宅勤務が続くことで、ダラダラと飲酒量が増えるのを避けたい、家での気分転換に少しだけアルコールが欲しい、などという巣ごもりならではの事情から、アルコール度数を下げた商品を選ぶようになった人たちも少なくない。

 そうした需要を見越してか、サントリーのロングセラーブランド「ほろよい」(3%)の新フレーバーをはじめ、オリオンビールのフルーツ風味のアルコール入り炭酸水「ハードセルツァー」(2%)、アサヒビール「アサヒ ビアリー」(0.5%)など、低・微アルコール商品が次々と登場している。実際にストロング系から低アルコール飲料へと“転向”した消費者たちには、どのような心境変化があったのか。生の声を集めた。

 IT企業に勤める30代の男性会社員・Aさんは、在宅勤務や外飲みの機会減少から自宅での飲酒量が増加。1日にアルコール度数9%のハイボール500ml缶を3本以上飲むことが日課になっていたが、出費がかさむだけでなく、仕事のパフォーマンスも低下していた。

「在宅勤務だと飲みすぎてしまう。その場ですぐに寝られ、朝もギリギリまで寝ていられるという安心感から、ついつい余計に飲んでしまい、寝落ちして、気が付くと朝という日が増えました。当然、二日酔い気味で、午前中は仕事に集中できないことが多くなっていました」(Aさん)

 体調不良や肝臓への負担など、危機感が募っていたAさんは、ハイボールをより薄くするべく炭酸水を混ぜたり、最後の1本はノンアルコールにするなど工夫。だが、味や飲み心地に物足りなさを感じて、アルコール度数を段階的に下げることで減酒を試みた。

「アルコール度数を7%や5%に下げたり、3本飲むときの内訳として『9%、7%、5%』、もしくは『7%、5%、3%』という編成を組んだことも。こうした“リハビリ”が功を奏してか、今は3%のものを2~3本に落ち着きました。おかげで朝、スッキリ起きられるようになりました」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。