マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

家を売る際に知っておきたい 仲介業者による“囲い込み”を避ける方法

2021年6月9日 15:00 週刊ポスト

仲介業者のペースに乗ってしまうと…(イメージ)
仲介業者のペースに乗ってしまうと…(イメージ)

 家を売ろうと考えたとき、仲介業者選びは、事の成否を左右する重要な要素だ。不動産取引は特に専門的な知識を要するため、慎重を期したい。どんな点に気をつけるべきか。不動産ジャーナリストの榊淳司氏が指摘する。

「家を売る場合に最も注意すべきは仲介業者による“囲い込み”です。物件情報を市場に出さず、買い手を自社の顧客の中から見つけようとする手段で、業者はこれにより売主・買主の双方から仲介手数料を得ようとします。これをやられると狭い範囲でしか買い手が探せず、価格も安く叩かれる恐れがあります」

 実際に“囲い込み”に遭い、家を買い叩かれたという68歳男性が語る。

「仲介を依頼した大手販売業者は、こちらが希望する2500万円では『とても売れない』と、売値を2000万円に下げる提案をしてきました。周辺相場よりかなり安いが、それでも買い手が現われず、1800万円まで下げたところでようやく別の不動産業者が手を挙げた。

 ところがその後、物件を購入した不動産業者が2700万円で私の家を売りに出したんです。地元の不動産業者から漏れてきた話では、私が依頼した販売業者は初めから販売活動をほとんどせず、業者間での転売を狙っていたようなのです」

 悪質な営業行為に思えるが、このような“囲い込み”はどうすれば回避できるのか。

「買い手が見つかりやすい好立地の物件なら、1社と契約する“専任媒介”ではなく複数の仲介業者に買い手を探してもらう“一般媒介”契約を選ぶことです。業者が競い合って売る状況を作ることができます。立地があまりよくなければ、地域密着で信用が第一の地元の不動産業者を選ぶのが得策です。彼らがもしあざといことをすれば、地域マーケットの信用を無くすことになるので、売り手側に立った仲介業務が期待できます」(榊氏)

※週刊ポスト2021年6月11日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。