マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の『冷やし中華』を実食比較 具材とボリュームに違いあり!

2021年6月13日 15:00 マネーポストWEB

セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』(奥)、ファミリーマート『炙り焼チャーシューの冷し中華』(手前左)、ローソン『冷やし中華』(手前右)
セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』(奥)、ファミリーマート『炙り焼チャーシューの冷し中華』(手前左)、ローソン『冷やし中華』(手前右)

 気温が高くなってくると食べたくなるのが、冷やし中華。コンビニでも夏の定番商品として、毎年販売されている。まだまだ続くコロナ禍で外食が制限される中で、コンビニ各社も様々なバリエーションの冷やし中華を発売している。セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートという大手コンビニ3社の冷やし中華を実食比較した。
(取り上げた商品は、6月7日の時点で都内の店舗で販売されていたものです)

 セブン-イレブンで販売されているのは『6種具材を楽しむ冷し中華』。価格は498円(税込み、以下同)。1包装あたりのカロリーは570kcalだ。具材は、きゅうり、錦糸玉子、チャーシュー、わかめ、もやしときくらげの胡麻和え、紅生姜の6種類。練り辛子が別添されている。麺の重量を測定したところ、277gだった。

【セブン-イレブン】

セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』
セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』

『6種具材を楽しむ冷し中華』
価格:498円
カロリー:570kcal
具材:きゅうり、錦糸玉子、チャーシュー、わかめ、もやしときくらげの胡麻和え、紅生姜
麺の重量(計測値):277g

 マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者・Aが実食した。

セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』。具材もたっぷり
セブン-イレブン『6種具材を楽しむ冷し中華』。具材もたっぷり

「つるっとした食感の麺が特徴的なシンプルな冷やし中華です。醤油ベースのスープはさわやかで、とても食べやすいです。麺も具材も結構ボリューミーな印象でした」(記者A)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。