マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「気づけば家には10本も…」傘をよく忘れる、失くす人たちの諦めの境地

2021年6月16日 15:00

昨日買ったばかりなのに、また買う羽目に…(イメージ)
昨日買ったばかりなのに、また買う羽目に…(イメージ)

 今年も全国的に雨の多いシーズンがやってきた。一日中雨が降っているようなら傘は必須アイテムだが、降ったり止んだりを繰り返すことが多い日は厄介だ。よく置き忘れたり失くしたりする人たちにとっては、試練の季節でもある。

「家や職場を出る時に傘を持たず、外で雨に降られてしまってしょっちゅうコンビニで購入しています。しかもその傘を、数日後には電車や飲食店に忘れてしまい、結局失くすという感じ」

 そう話すのは、メーカーに勤める30代の男性・Aさん。ビニール傘であれば、コンビニで1本約500円はするだけに馬鹿にならない出費だ。

「突発的に傘が必要になって購入する、ということが重なると、一人暮らしなのに、家にビニール傘が10本近くある時期も。一度、折りたたみ傘を持ち歩く習慣をつけようと思ったんですが、かばんに入れておくのも邪魔だし、結局身につきませんでした」(Aさん)

 人材業界で働く40代の女性・Bさんは、「高級な傘」を買った時ほど、その傘を忘れたり盗まれたりするという、いわば“マーフィーの法則”のようなものがあった。過去に1500円、3000円、6000円、1万5000円の4本を紛失してから、今ではビニール傘以外の傘を買わなくなったという。

「おしゃれな傘を買った時に限って失くすので、本当にへこみます。一番ショックだったのは、職人による手作り傘を失くした時です。雨傘にも日傘にも使えるし、気に入っていたのですが、それを失くして以来、もうビニール傘か、安い折りたたみ傘しか使っていません」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。