マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナを機に「洗濯の達人」になった夫も 家事に目覚める男性たちの生活

2021年6月22日 15:00 女性セブン

家事経験ゼロから一気に家事のエキスパートになる例も(イメージ)
家事経験ゼロから一気に家事のエキスパートになる例も(イメージ)

 日常生活に変化をもたらすこととなった新型コロナウイルスの感染拡大。在宅で仕事をすることとなり、家族の時間が増えたという人も多い。

 製薬会社勤務の多田省吾さん(仮名・47才)は小学6年生と2年生の娘を持つ。かねてから、もっと子供とかかわる生活がしたいと考えていた多田さんは、在宅ワークを「チャンス」ととらえた。

「もうほんの数年で、娘たちは自立して、親と密接にかかわらなくなってしまう。本気で子育てに力を注げるのはいましかないと思いました」

 現在はオンラインに切り替わったが、1日に最低5本は会議が入り、妻も残業が多い。多忙な共働きの多田家では、コロナ禍以前はシッターサービスを利用することもあった。それで家の中が回るならいいと割り切る一方で、長年、ある思いを秘めていた。

「母が私にやってくれたことを子供たちにもしてあげたかったんです。手料理のありがたみや、いつも母が家にいてくれる安心感を子供にも体験してもらいたかった。それを女性がやるべきだという思いはなく、いまはぼくが家にいるわけですから、ぼくがやればいい。

 料理はほぼ未経験でしたが、毎日、長女の塾用のお弁当も作っています」(多田さん)

 仕事の連絡が入っても、子供との食事中はスマホを触らないのが多田さんの信念。同僚にもあらかじめそう伝えて、子育てが最優先の生活を楽しんでいる。

ダウンコートも自分で洗濯

 家事経験ゼロから、妻のスキルを超えるほど家事のエキスパートになった夫もいる。

 1年以上、リモートワークを続ける外資系金融機関勤務の市原直人さん(仮名・50才)は、医療事務のパートをする妻に代わって、結婚生活20年で初めて家事に携わった。

「わが家は2世帯住宅で、70代後半の妻の両親が同居しています。感染対策として、妻が職場から帰宅したら、妻には玄関で部屋着に着替えてもらい、すぐにお風呂に入ってもらう。その間、私が妻の洋服を洗濯することにしました。最初は何も考えず丸ごと洗濯機に放り込んでいたのですが、服の状態が悪くなるのが早いと妻からクレームがあったんです」(市原さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。