マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

終活で一家離散 遺産目当ての子供の電話攻撃に母「家も娘もいらない」

2021年7月5日 15:00 女性セブン

終活が親子関係を引き裂くケースも(イメージ。Getty Images)
終活が親子関係を引き裂くケースも(イメージ。Getty Images)

 人生の最後を締めくくり、次の世代にスムーズにバトンを渡すための終活──その実践で一家離散に追い込まれたケースがある。

 関東地方に住む田中由香子さん(仮名・49才)は造り酒屋の三女として生まれた。50代の長女と次女が家業を継がなかったため、由香子さんと婿養子の夫が店を切り盛りしていたが、5年前に父親ががんで他界。遺産の大部分を80代の母親が相続した。

 だが昨年、年老いた母親が転倒して入院すると、長女が「相続をきちんと話し合っておきたい」と言い出した。

「実は父が亡くなった際に長女と次女が『あんな荒れ地はいらない』と相続放棄した土地を、お寺で育った私の夫が継ぎ、霊園にして生花店を出したら大成功したんです。それを聞きつけた長女と次女は『もともとは私たちが相続するはずの土地で始めた事業だから、儲けを分けろ』とごね始めたんです。

 専業主婦の長女と次女にとって、遺産相続は人生最後のビッグチャンスです。2人は目の色を変えて、手術を終えたばかりの母を心配することもなく、『私たちに有利な遺言書を書け』と連日の電話攻撃を仕掛けています。心身ともに弱りきった母は、『もう家もいらない、娘もいらない!』とふさぎ込み、話し合いを代理人の弁護士に任せるようになった。私と長女、次女も、いまではまともに話ができません」(由香子さん)

 人生の最後に、相続が家族を引き裂くことは珍しくない。相続・終活コンサルタントの明石久美さんが指摘する。

「終活には、不動産や預貯金などの“遺産分割”や“相続手続き”などといった『財産の対策』と、看取りの希望やどこの銀行の通帳を持っているかといった『情報の対策』があります。

 これらを一緒くたに考えている人が多いのですが、家族トラブルに発展するのは主に財産関係です。必要な人は『財産の対策』を行っておく必要があります。財産の有無にかかわらず、いざというとき家族が困らないよう『情報の対策』は誰しも行っておきたいものです」

※女性セブン2021年7月15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。