マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

小池都知事も? 高齢者の“重症”急増「ペットロス」をどう乗り越えるか

2021年7月8日 15:00 週刊ポスト

まずは気持ちを吐き出す。遺品整理や葬式も効果的(写真は「あいわクリニック」でのカウンセリングの様子)
まずは気持ちを吐き出す。遺品整理や葬式も効果的(写真は「あいわクリニック」でのカウンセリングの様子)

 親子関係がどんどん希薄になっていくなかで、「ペットは家族」という意識が高まっている。それとともに問題になるのが、愛犬や愛猫を亡くした後の「ペットロス」だ。ペットとの別れを体験した後、睡眠障害や体調不良を訴える飼い主が4割以上(「アイペット損害保険」調べ)だといい、歳を重ねると重症化するリスクが高まるとも言われる。専門家に、その克服法を聞いた。

 小池百合子・東京都知事が6月22日に入院。過労が理由と発表されたが、直後に愛犬のヨークシャーテリア“ソウちゃん”が6月に入って亡くなっていたことが明らかになった。そのため、休養の一因に「ペットロス」があったとも報じられている。

 飼い主にとって“家族の一員”であるペットを亡くしたダメージは決して小さくない。夫婦でペットロスの最中にあるという埼玉県在住の60代男性が語る。

「2年前に子供が自立し、我が家は妻と10年以上一緒に暮らしている老犬の“3人家族”になりましたが、その子を半年前に亡くしました。最期はがんを患い、大好きだったご飯も受け付けず、痙攣を起こして意識も朦朧としていたのですが、名前を呼ぶとなんとか反応しようとして……その姿を思い出しては、今でも涙が出ます」

 しばらくは夫婦2人でふさぎ込み、気力を失っていたという。

「いつもの散歩コースを通るだけで、『あの時、リードを引っ張らずに好きなだけ遊ばせてあげればよかった』と、後悔の念ばかりが浮かびました」(同前)

 精神科医としてペットロスのカウンセリングを行なう、「あいわクリニック」院長の横山章光氏は、「ペットロスの相談は、子育てを終えた60歳前後の人からのものが多い」と指摘する。

「子供の希望でペットを飼い始め、やがて子供が独立して家にペットが残る。一時期はペットが寂しさを埋めてくれますが、そのうちにペットが実の子供のような存在になっていきます」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。