マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ハーゲンダッツ60年史 成功の裏には斬新な商品開発と販路拡大方法

2021年7月16日 7:00 女性セブン

「ハーゲンダッツ」ヒット商品の舞台裏を探る(写真は発売当時の「グリーンティー」)
「ハーゲンダッツ」ヒット商品の舞台裏を探る(写真は発売当時の「グリーンティー」)

 夏ともなれば、アイスを食べたくなる季節だ。かつては“子供のおやつ“とされてきたアイスクリームを“大人向け高級スイーツ”に変えた立役者が「ハーゲンダッツ」だ。今年60周年を迎えたハーゲンダッツの、これまでの軌跡を紐解いてみよう。

「ハーゲンダッツ」は1961年にアメリカ・ニューヨークで誕生した。創始者のルーベン・マタス氏による「いままでにない究極のアイスクリームを作りたい」という思いが原点となっており、その理念は、1984年に日本に上陸した後も、商品開発などで受け継がれた。

 例えば、1996年に日本で初めて開発されたフレーバー「グリーンティー」もその1つ。ハーゲンダッツ ジャパン広報・田村苑子さんが話す。

「日本らしさが感じられるフレーバーを作りたいと、抹茶に着目。高品質な抹茶アイスクリームを作ることにこだわったため、開発に約7年もかかりました」(田村さん・以下同)

 いまでは社を代表する人気フレーバーになり、海外でも愛されるように。そして次に日本で開発され、後に代表的な商品になったのが、「クリスピーサンド」だ。

ザ・キャラメル(クリスピーサンド)
ザ・キャラメル(クリスピーサンド)

「アイスクリームの水分がウエハースに移るとサクサクの食感がなくなる。そこで思いついたのが、アイスクリームをコーティングすること。これで水分が移らず、サクサク感を保てるようになりました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。