マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「料理を捨てる」「何しても怒る」モラハラ夫への効果的な対処法

2021年8月2日 16:00 女性セブン

料理を捨てるモラハラ夫
料理を捨てるモラハラ夫

 丹精込めて作った料理を一言「マズイ」と捨てる夫、気を利かせても何をしても怒る夫──別掲の4コマ漫画を読んで、「これ、うちの夫だわ」と思った人もいるのではないだろうか。そういった方は、まず自分が“モラハラ被害者”だという自覚を持つべきだ。そのうえで夫との関係を見直すことが、状況を改善する第一歩となる。

「昭和時代は亭主関白や夫唱婦随など、夫の支配に妻が従う関係が典型的な夫婦像とされてきました。しかし、平成の30年間で女性の社会進出が進み、求められる夫婦関係は、男女対等へ変わりました。そうした影響か、私のところにも、6~7年ほど前から、モラハラによる離婚相談が増えました」

 こう語るのは、離婚問題に詳しい弁護士の齋藤健博さん。妻や子供への支配的な態度や考え方は、いまやモラハラという“精神的暴力”とみなされる。昔の男はみんなそうだった、父親はこうしていた、などと夫の行為を肯定し、がまんする必要はない。

「とはいえ、モラハラの加害者には相手を苦しめている意識がなく、むしろ正しい道を教えてやっているのだから、相手のためになる行為をしていると思い込んでいる人がほとんど。被害者が不満を訴え、話し合いをしようとも、自分が正しいと思っているので、歩み寄るのが難しいのです」

 とは、横浜心理ケアセンター代表の椎名あつ子さんだ。まじめな女性ほど夫が決めた理不尽なルールに従い、怒らせないようにすることが生活の中心となる。そのうちに、自分の意見や行動に自信が持てなくなってしまうという。

「特にリモートワークで夫が家にいる時間が増えた昨今、モラハラに悩む妻が急増しています」(椎名さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。