マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

着物や洋服の処分術 リサイクル店よりフリマアプリが有利な理由

2021年8月16日 19:00 女性セブン

フリマアプリでは予想外の高値がつく可能性も(イメージ)
フリマアプリでは予想外の高値がつく可能性も(イメージ)

 コロナ騒動が続くこの夏、おとなしく家で過ごし、掃除でもして、眠っている“お宝”でも探してみるのもいいかもしれない。たんすや押し入れの奥、倉庫、屋根裏部屋など、普段あまり足を踏み入れない場所から出てくる“がらくた”が、宝の山に化けるかもしれないのだ。

 だが、安易な判断は損につながる。長崎県の会社員、山本敦子さん(60才・仮名)は、実家の押し入れに古い着物がしまい込まれているのを見つけ、リサイクルショップに持って行った。

「母に聞くと、私の祖母の時代のものらしく、それにもかかわらず状態がとてもいい。きれいなうぐいす色の訪問着だったので、きっと高く売れると思ったのに、“買い取りはできません”と言われて……とてもショックでした」

 実は、着物はいくら状態がよくても、結城紬や大島紬などでない限り、高値で買い取ってもらえることは少ない。遺品整理などを手がけるクオーレ代表の竹本泰志さんはこう話す。

「昔の着物は、現代人には丈が短く、サイズが合わないので、買い取りが難しいこともある。一方で、昭和初期の着物で状態のよいものであれば、場合によっては数十万円になることもあります。“絶対にいい値がつく”と思ったものに価値がなかったり、逆に”絶対に売れるわけがない”と諦めていたものが数万円で売れたりと、親世代以上の持ち物は、自分で価値を見極めるのが難しい。何が売れるかわからないからこそ、“全部売れる”と見て、専門業者だけでなく、メルカリやヤフオク!などへの出品も視野に入れてほしい」

 着物だけでなく、流行に左右されやすい洋服も、高く売るのは難しい。だが、ファッションの流行の波にうまく乗ることができれば、予想外の高値がつくこともあるという。リサイクルアドバイザーの泉澤義明さんが言う。

「洋服は、買い取り業者の査定が500円にしかならないようなものでも、いまは“昭和レトロブーム”“大正ロマンブーム”なので、古着を欲しがっている若い人の目にとまれば、メルカリなどでは2万円近い値段で売れることもあります。洋服だけでなく、趣味性の高いものは業者に出すより、ネットに出品した方がいい。マニアや“価値がわかる人”が、高く買ってくれるのです」

※女性セブン2021年8月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。