マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

マイカーのコストは週2万円の試算も “貸し出し”すれば維持費のカバー可

2021年9月6日 16:00 女性セブン

マイカーの維持費は意外と大きい(イメージ)
マイカーの維持費は意外と大きい(イメージ)

 節約してお金を貯める場合、食費や被服費などの「変動費」を削るより、月々の出費が決まっている「固定費」を削るほうが、節約効果は大きいという。住居費や通信費、保険料など、固定費は金額が大きいものも多い。自動車の維持費もまた、同様だ。

 自動車の維持費は、車種によって大きく異なる。それでも、車両本体、駐車場、自動車保険、税金、ガソリン代などを含めると、年間50万~100万円かかるといわれる。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんが言う。

「年間約100万円ということは、1か月で約8万円、1週間で約2万円もかかるということ。あまり頻繁に車に乗らない場合は、それだけのお金があればタクシーで生活することもできるかもしれません」

 通勤や買い物で毎日車が必要な郊外に住んでいるならさておき、都市部に住んでいて、週末や休日にしか車に乗らないのであれば、マイカーを持っているのはデメリットの方が大きいかもしれない。

 それなら、思い切って車を「シェア」してみるのはどうだろうか。自家用車を貸し出すサービスが増えているほか、交通エコロジー・モビリティ財団の調べによると、タイムズやオリックスなどの運営するカーシェアリングサービスの会員数は、2021年3月時点で220万人を超えている。家計再生コンサルタントの横山光昭さんが言う。

「車種にもよりますが、マイカーの貸し出しは、1日あたり約3000~1万円ほどの収入になります。仲介手数料がかかるほか、貸し出している間に車にキズをつけられてしまう可能性などのリスクはありますが、マイカーの貸し出しは維持費のカバーにもつながる。副収入としてやってみる価値はあるでしょう」

 最近は、新型コロナの感染対策のためにも、公共交通機関の利用を避けようと、自家用車の購入やレンタルを検討する人が増えているため、カーシェアリングはいわば売り手市場だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。