家計

サブスクの賢い使い方 契約は毎年見直し、違約金あっても切り替え判断

サブスクサービスを見直す際のポイントは?(イメージ)

サブスクサービスを見直す際のポイントは?(イメージ)

 おうち需要に後押しされ、さまざまなサブスクリプションサービス(サブスク。主に動画や音楽などの月額制サービス)が人気を集めている。中でも月額500円の「Amazonプライム」や月額990~1990円の「Netflix」などが加入者数を伸ばしている。

 だが、オリジナル作品やマイナー作品を求めているのでなければ、ほとんどの人はAmazonプライムで充分だという声もある。『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』の著者の井上はじめさんが言う。

「Amazonプライムは、年間契約なら4900円です。プライムビデオの約2万3000もの映画やドラマが見放題になるほか、音楽サブスクのAmazon Music Primeも利用できて、商品の割引きや配送料無料、翌日配送などの配送特典も多い」

「毎月一定額を支払って、使い放題」のサービスは、近年は書籍や雑誌にもある。消費生活アドバイザーの丸山晴美さんが言う。

「『楽天マガジン』なら楽天ポイントで、『dマガジン』ならdポイントでも月額料金の支払いができて、毎月電子版雑誌が読み放題になります」

 書籍や雑誌だけでなく、新聞の定期購読も電子がお得だ。紙から電子にすると、朝日新聞なら400円、日経新聞なら700円近く安くなる。さらに、交通手段も“サブスク”に切り替えられる。

「東京五輪の開期中、選手村で2か月間働いていました。電車なら月4500円もかかるところ、月会費2200円のシェアサイクルを通勤に使っていたので、交通費を大幅に抑えられました」(井上さん・以下同)

 シェアサイクルはすでに全国で230以上の地域で導入されており、今後ますます増える見込みだ。

 井上さんは、あらゆる契約を1年に一度は必ず見直し、2年ごとに契約更新を検討しているという。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。