マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

サブスク史上最大の失敗例は「ファーストクラス乗り放題券」

2020年2月6日 15:00

ファーストクラス乗り放題は史上最大の失敗例?(イメージ)

ファーストクラス乗り放題は史上最大の失敗例?(イメージ)

「サブスクリプション(サブスク=定額制サービス)」といえば、動画配信サイトや飲食店での導入例が良く知られているが、大手私鉄でも、新たなサービスに乗り出し始めた。

 東急グループは3月1日から5月31日まで、東急線と東急バスの全線1か月乗り放題に、グループが運営する「109シネマズ映画観放題」を加えた「サブスクパス」の販売を試験実施する。

 月額料金は「乗り放題+映画観放題」が税込み3万円。これに、駅そばの一部メニューが1か月食べ放題(利用は1日1食)になるサービスを加えたパスが同3万3500円。「乗り放題+そば」のパスが同2万3500円に設定されている。

 東急線の初乗り運賃は130円(現金)。バスやそば、映画が付いて2万円超の定額料金がお得か否かは、個人のライフスタイルで大きく変わりそうだ。

 サブスクといえば、東京、神奈川、千葉に55店舗展開するカラオケチェーン「カラオケの鉄人」では、月額1500円(税抜き)を払えば時間無制限で利用できる「カラ鉄ホーダイ」を2018年5月に開始している。グループでの利用時も会員は定額サービスが利用可能。通常利用時と同様、「1回につきワンドリンク」の注文がルールだ。

 他にも、東京・千代田区にある室内ゴルフ練習場「神保町ゴルフスクール」では、月1万5950円(税込み)で1日1コマ(60分)のレッスンが受け放題となるなど、趣味の分野でもサブスクは充実しつつある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。