マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

失敗しない墓じまいの手順と手続きを解説 “話を通す順番”には要注意

2021年9月19日 16:00 週刊ポスト

失敗しない墓じまいの手順と手続き
失敗しない墓じまいの手順と手続き

 人生の終盤は身軽に生きたいものだ。田舎にあるお墓も、手入れする人がいないなら「墓じまい」を考えたい。葬儀・お墓・終活コンサルタントの吉川美津子氏はこう言う。

「お墓に手を合わせる人がいなくなると荒れてしまう。さらに足が遠のき悪循環になることも。それを主眼に考えた時、必要であれば田舎にあるお墓をたたんで、親戚縁者が集いやすい場所に移すことも選択肢のひとつです」

 ただし、進め方には注意が必要で、別掲図はその流れを整理したものだ。

「先祖代々のお墓であれば多くの縁者が関係するので、親戚間の話し合いが重要です。仮に親戚のなかにお墓を守れる人がいるなら、そもそも墓じまいの必要はなくなります。遺骨を移す場合も、どこに移すのかについて家族・親戚と相談して決めることで、トラブルが避けられます」(吉川氏)

 菩提寺など、いまのお墓の管理者にも丁寧に事情を説明できるとよい。

「最近は過疎化が進む地域の寺院などはある程度、覚悟していて、大きなトラブルにはなりにくい。ただ、離檀する場合は、これまでお世話になったお礼の意味でお布施を包む慣習があります。普段の年忌法要などの2~3回分を目安としてはいかがでしょうか」(吉川氏)

 遺骨を移すお墓を先に購入し、その管理者から受入証明書を取得しても、もとのお墓を管理する菩提寺などから埋葬証明書に署名や捺印をもらうなどの必要がある。礼を失した切り出し方で関係がこじれると墓じまいができないうえ、購入したお墓も無駄になってしまう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。