マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「宝物」から捨てる中村メイコ流の片づけ術 手放さないのは「明るさ」

2021年9月8日 7:00 女性セブン

来年、米寿を迎える中村メイコの片づけ術とは
来年、米寿を迎える中村メイコの片づけ術とは

 処分したり、片づけたり、「やらなくては」と頭の中にはつねに浮かんでいながら、実行に移せないことは誰にでもある。大きな家に住み、高級品が身近にあるスターたちならばなおさらだ。女優の中村メイコ(87才)は、あえて大切な物から手放すことが、人生の最後を身軽に生きるコツだという。彼女の実体験から、ため込まない生き方を学びたい。

 来年、米寿を迎える中村の著書『大事なものから捨てなさい メイコ流 笑って死ぬための33のヒント』が話題を呼んでいる。

 2才のときに子役デビューして以来、映画やテレビ、舞台で活躍を続ける中村は、人生の終盤に差しかかる80代になって終活をスタートした。

 まずは夫で作曲家の神津善行さん(89才)と住んでいた都内の一等地にある敷地300坪、地下1階、地上2階建ての大豪邸を手放して、娘たちの家に近い3LDKのマンションに引っ越した。

 その際に彼女が思いきって処分したのは、高倉健さん(享年83、2014年逝去)と江利チエミさん(享年45、1982年逝去)夫妻の結婚式の写真、榎本健一さん(享年65、1970年逝去)からプレゼントされた「守り神」の人形、画家の東郷青児さん(享年80、1978年逝去)が描いた似顔絵、作家の吉行淳之介さん(享年70、1994年逝去)からもらったラブレターなど、著名人や大家から譲り受けた思い出の品々ばかりだった。

 一般の人々は「そんなお宝を処分していいの?」と驚くかもしれないが、中村は、大切な「宝物」から捨てないと人生の最後を身軽に生きることはできないと説く。

 超高齢社会を迎え、終活が誰にとっても無関係なものではなくなった。中村をはじめ、多くのスターたちが、「美しい最後」を迎えるために、ありとあらゆるものを手放している。そこには、死ぬまで笑って生きるためのヒントが隠されていた。

「いかにもお値段が高そうな古いものを、後生大事そうに身にまとうっていうのは、年寄りの冷や水みたいな感じで嫌かなって思います」(中村・以下同)

 そうイタズラっぽく笑うのは、中村メイコその人。若い頃から買い物が大好きで「東京のイメルダ夫人」と呼ばれた彼女は、終活を始めるとともに大々的に身の回りの品の整理を進めた。冒頭で紹介した体育館のような大豪邸から引っ越した際は、処分した靴や衣類がトラック7台分になったほどだ。その後も粛々と不要品の処分を重ねている。

「長年、女優業をやっていると着物類がたまりますが、もう絶対に使わないだろうという着物や帯は、時々思いきって30枚くらい処分するんです。日本には『たんすの肥やし』という言葉があるけど、肥やしにするにしたって、たんすがちょっとかわいそうでしょ。だから『この重さに長年耐えてくれたんだね、ご苦労さまでした。軽くしてあげるからね』と声をかけて、ほとんど新品同様にきらびやかな着物や帯をエイヤッ!と持ち出し、もらってくださるかたがいれば、箱ごと差し上げています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。