マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

モスバーガーの新機軸、「植物性食材のテリヤキバーガー」を食べてみた

2021年10月3日 15:00 マネーポストWEB

モスバーガーの『グリーンバーガー<テリヤキ>』。テリヤキソースとマヨソースを後からかけて食べる
モスバーガーの『グリーンバーガー<テリヤキ>』。テリヤキソースとマヨソースを後からかけて食べる

 近頃はベジタリアンや完全菜食主義者のビーガン対応のメニューも増え、代替肉への需要も高まっている。ファストフードチェーンでも大豆ミートを使ったメニューが登場しているが、そんななか、モスバーガーが主要原材料に動物性食材を使用していない『グリーンバーガー<テリヤキ>』(580円、340kcal)を発売し、注目を集めている。

モスバーガーの『グリーンバーガー<テリヤキ>』。バンズからはみ出すほどのレタスがサンドされている
モスバーガーの『グリーンバーガー<テリヤキ>』。バンズからはみ出すほどのレタスがサンドされている

 この商品は2020年3月に発売された『グリーンバーガー』の新バージョン。『グリーンバーガー<テリヤキ>』は、ほうれん草が練り込んである大豆由来のパティにたっぷりの野菜がサンドされており、さらに植物由来の“グリーンテリマヨソース”をかけながら食べるというものだ。

 主原料には肉はもちろん、乳や卵といった動物性食材は一切使用していない。また、五葷と呼ばれる、仏教における臭気の強い5種の野菜(ねぎ、らっきょう、ニラ、にんにく、たまねぎ)も不使用となっている。

 一部の副原料に野菜・穀物以外の原料を使っており、さらに工場および店舗での生産ラインでは動物性食材を使う他のメニューと共有しているとのこと。公式サイトには、「完全な菜食主義を目指す方向けの商品ではありません」との注意書きもある。

 とはいえ、植物性食材をメインとして作るテリヤキバーガーは、かなり珍しいものであるのは事実。そこで、マネーポストWEBの記者Aが、この『グリーンバーガー<テリヤキ>』を実食した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。