マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

日本のマクドナルド1号店は「39時間」で設営 知られざるファストフードの歴史

2021年9月16日 16:00 女性セブン

1971年の『マクドナルド』1号店オープンまでには大きなハードルがあった
1971年の『マクドナルド』1号店オープンまでには大きなハードルがあった

 ハンバーガーやフライドチキンなど、いまや私たちの食に欠かせない存在となったファストフードチェーン。その歴史は古く、約半世紀をかけて浸透しながら、日本の食文化の発展を支えてきた。コロナ禍で、自由に飲食店でワイワイ食事を楽しめないいまこそ、そんなファストフードの歴史と魅力を振り返ってみよう。

『日本外食全史』(亜紀書房)の著者であり、作家で生活史研究家の阿古真理さんは、こう話す。

「戦後の外食史は1970(昭和45)年が“外食元年”とされます。まだ海外旅行が遠い世界だったこの年に大阪万博が開催され、各国のパビリオンに併設されていたレストランで、コーラやハンバーガー、フライドチキン、インド料理などを初めて食べた日本人が多くいました」

 米国のファストフード店が、日本に初登場したのも1970年。大阪万博に出店した『ケンタッキーフライドチキン(KFC)』だ。

 1969年の第二次自由資本化という規制緩和で、自由化の対象に外国資本の外食も入り、米国ファストフードチェーンの日本参入が可能になった。『香雪社』代表で、食の専門サイト『Food Watch Japan』編集長の齋藤訓之さんが話す。

「米国で成功していたKFCは、大阪万博に出店した実験店でも好調な売り上げを記録。翌1971年には名古屋に郊外型ショッピングセンターの1号店を出店し、華々しくデビューを飾るはずでしたが、実際は予想外の大苦戦。郊外を狙うには時期尚早だったのです」

「マクドナルド」幻の1号店計画

 ハンバーガーチェーンが日本に登場したのも1970年のこと。なかでも鮮烈なインパクトを与えたのが、1971年7月20日に『銀座三越』(東京)1階にオープンした『マクドナルド』だ。

「日本の流行が生まれる銀座に1号店を出店したのは創業者の藤田田の考えで、ハンバーガーの知名度がほぼない“米と魚の国”日本に、新しい食文化を根付かせるためでした。本国の方針とは別に進めた大胆なアイディアでした」(同社広報・當山心さん・以下同)

 銀座出店の陰には、こんなエピソードがある。

「実は1号店は、神奈川県にあった『パシフィックホテル茅ヶ崎』(現在は閉鎖)の隣接地に出店される予定でした」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。