マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

日本のマクドナルド1号店は「39時間」で設営 知られざるファストフードの歴史

2021年9月16日 16:00 女性セブン

1970年に開業した日本初のハンバーガーショップ『ドムドムハンバーガー』
1970年に開業した日本初のハンバーガーショップ『ドムドムハンバーガー』

 車社会の米国に倣って、茅ヶ崎が出店地に選ばれたわけだが、日本のモータリゼーション化はまだ発展途上。銀座出店の交渉が決まると、茅ヶ崎1号店は幻と化したという。

「とはいえ、銀座店オープンには、大きなハードルがありました。わずか39時間で新店舗を設営しなければならなかったのです」

 与えられた時間は、日曜の夕方から火曜の開店時間(9時)までの39時間のみ。この時間内で電気・ガス・水道の工事を行い、厨房・カウンター付き店舗を完成させねばならなかった。そこでヒントとなったのが、短い幕間に舞台装置を変える大道具さんの早業。綿密な作業手順を立てて予行演習を繰り返し、36時間で組み立てに成功。開店2日前まで影も形もなかった場所に1号店を出店することができたという。

 当時、ビッグマックの値段は200円(現在390円)。翌年10月には日商222万円の世界記録を樹立。現在の日本国内の店舗数は、2932店となっている(2021年7月末現在)。

 実は日本初のハンバーガーショップは、『マクドナルド』の出店より1年早い1970年に東京・町田で開店した『ドムドムハンバーガー』だった。1972年には『モスバーガー』と『ロッテリア』も参入し、和製バーガーチェーンが独自色で話題を集める。以降、多くのチェーンが続々と参入し、ハンバーガーは約1兆円規模の巨大市場に成長している。

24時間営業の立ち食いそば屋チェーン

 ファストフードには、ハンバーガーやフライドチキンだけでなく、牛丼、カレー、回転寿司、そば、うどん、ラーメンも含まれる。そんな中、多忙なビジネスマンや学生に重宝されて増えてきたのが『名代富士そば』などのそばチェーンだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。