マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

身近に広がる「フェイクミート」、気になる健康への影響は?

2020年10月1日 15:00

フェイクミートの健康への影響は?(肉を使っていないハンバーガー。共同通信社)
フェイクミートの健康への影響は?(肉を使っていないハンバーガー。共同通信社)

 昨年、アメリカの大手コンサルティング会社ATカーニーは「2040年には、私たちが消費する食肉製品の60%は植物由来の代替品か、培養された代替肉になる」と予測したが、日本でも同様の動きが見られている。食品業界で“黒船”といわれる「フェイクミート」が、日本のコンビニや外食産業などで大きな広がりを見せているのだ。

 フェイクミートとは、大豆や小麦、エンドウ豆などを主原料として作った肉の代替食品のこと。コンビニやレストランでも、このフェイクミートを使った商品やメニューが存在感を増している。各食品メーカーもフェイクミートに力を注いでおり、ハンバーグなどのレトルト食品のほか、ハムやソーセージなどの加工肉、ミンチや薄切りといった精肉として使える商品としてもスーパーに並び始めている。

環境への配慮から世界的なブームに

 フェイクミートが流行する背景にはいったい何があるのだろうか。食に関するレポートを多数持つフードアクティビストの松浦達也さんは次のように分析する。

「フェイクミートによるムーブメントは、2015年以降にアメリカで広がりました。その理由として挙げられるのが、環境への配慮。2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)により、環境への負荷が少ない食料供給が課題とされてきました。牛肉1㎏を生産するためには、家畜の肥料などで11kgの穀物、20.6トンの水が必要とされていますが、豆類であれば、もっと小さい環境負荷で生産することができるのです」

 また、ブームには、健康意識の広がりも大きく関係しているという。

「日本人は1960年からの半世紀で肉の摂取量がおよそ10倍も増え、現在は1人あたり年間30㎏ほど食べているといわれています。同様にアメリカ人の摂取量も増加の一途をたどっており、1人あたり年間100kg近く食べているという統計があります。そのことにより、アメリカでは若年層でも高コレステロール状態になるなど深刻な健康問題に発展しているのです」(前出・松浦さん)

 そこで、ヘルシーに“肉”を食べられるとして、フェイクミートが注目されているというわけだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。