マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

この「牛丼」、実は牛肉を使ってない! 進化するフェイクミートの現在

2020年9月30日 7:00

フェイクミートを使ったレトルト牛丼(ネクストミーツのホームページより)
フェイクミートを使ったレトルト牛丼(ネクストミーツのホームページより)

「2040年には、私たちが消費する食肉製品の60%は植物由来の代替品か、培養された代替肉になる」。昨年、アメリカの大手コンサルティング会社ATカーニーはこう予測したが、日本でもその動きは加速度的に広まっている。人類の食生活を変える最新食材とは──。

 熱々のご飯の上に、甘辛いタレが絶妙に絡みあった肉や玉ねぎがのる一杯のどんぶり。どう見ても牛丼にしか見えないが、実は牛肉は一切使われていない(写真)。

 これは、目下、食品業界で“黒船”といわれている「フェイクミート」を使ったレトルト食品なのだ。

 フェイクミートとは、大豆や小麦、エンドウ豆などを主原料として作った肉の代替食品のこと。この牛丼は、フェイクミート開発を手掛けるスタートアップ企業「ネクストミーツ」が世界で初めて商品化に成功した代替肉によるレトルト牛丼で、9月28日から発売される予定だ。

「ネクストミーツは、ハンバーガーや焼肉のカルビ、ハラミなどもフェイクミートで商品化し、“牛肉の味や食感にそっくりだ”“子供の夕食に出したら、肉ではないと気づかずに完食していました”などと消費者から評価を得ています」(フードライター)

 最近、フェイクミートを使った商品の発売が相次いでいる。特に、コンビニ各社はしのぎを削って、フェイクミート商品を展開。7月にはローソンが大豆を主原料とする、大豆ミートを使用したから揚げを発売している。8月下旬にはセブン-イレブンが大豆ミートを使用したハンバーガーやロコモコ丼、キーマカレーのおにぎりなど8品を発売したばかりだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。