マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

貯金がそんなに大事?「お金を貯めなくてもなんとかなる」64才女性記者の考え方

2021年10月3日 11:00 女性セブン

「貯金ゼロでも幸せ」と思えるようになったきっかけは?(イメージ)
「貯金ゼロでも幸せ」と思えるようになったきっかけは?(イメージ)

 貯金なし歴ウン十年の64才女性記者のお金に対する考え方とは──?「老後に必要な金融資産は約2000万円」というショッキングな報告書を金融庁が発表したのは2年前の6月。以来、自らの貯蓄額に不安を抱く人が増え、そうした不安は還暦や定年を見据えた50代になるとより深まる。そんな中、「『50才、貯金ゼロ』でも幸せ」とほほえむのが、オバ記者こと野原広子さん(64才)だ。

「私は64才のこの年まで、80万円を超える貯金をしたことがありません。その必要がないと思うからです。かといって、貯金がない自分をミジメに思ったこともないし、毎日楽しく過ごしています」

 そう話すオバ記者に、そうした境地に至った経緯について寄稿してもらった。(全3回の第1回)

 * * *
「金を貯めろ」「金を貯めた人間が勝ちだ」「金をつかめ」──子供の頃から私はこうした大人たちの言葉を聞いて育った。親や親戚の叔母さんや近所のおじさんたちはそう言うとき、みな同じ顔をした。「金」が「銭」になると、大人たちの顔は一段と下卑た表情になって、子供の私は顔を背けた。

 そもそも貯金は、初めてしてみた小学1年生のときから失敗している。

 当時、駄菓子屋に飾ってあった12色のクレヨンが付いた「塗り絵本」が強烈に欲しかった。100円。

 昭和32年生まれの私の小遣いは1日10円で、おばあちゃん子だった私は祖母にねだった。するとひと言、「じゃあ、小遣いを貯めて買え」。

 そこで、毎日10円を祖母に渡して、ラジオが据えてある棚に置いてもらうことにした。10円、10円、10円……。3日、4日、5日……。日を重ねるごとにラジオの棚を見上げる時間が長くなって、7日目のこと、私は大泣きした。

「もういい。お金なんか貯めたくない」
「んじゃ、塗り絵ももういいのか?」
「やだぁ、欲しいよ~」

 7割を自力で貯めたんだから、あとは祖母が出してくれたっていいじゃないか。きっとそう思ったんだと思う。結局、私の泣き落としが効いて、塗り絵本を手に入れた。この体験が後々、尾を引いた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。