マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ホンダが小型ロケットの開発に着手 市場規模300兆円「宇宙への挑戦」

2021年10月18日 7:00 週刊ポスト

ホンダの宇宙プロジェクトに注目が集まる(4月に就任した三部敏宏・社長。時事通信フォト)
ホンダの宇宙プロジェクトに注目が集まる(4月に就任した三部敏宏・社長。時事通信フォト)

 独自路線を貫くホンダ(本田技研工業)が、夢のある挑戦に踏み出した。9月30日、〈新領域へのチャレンジ〉として、“空飛ぶクルマ”と称される電動垂直離着陸機eVTOLや、遠隔地から操作するアバターロボットの開発などとともに、「宇宙領域へ挑戦」として、人工衛星を宇宙に運ぶ再利用可能な小型ロケットの開発に着手していることを発表した。

 また、月面での活動をサポートするシステムとして、高圧水電解技術と燃料電池を利用した循環型再生エネルギーシステムや、人型ロボットASIMOの技術を応用した遠隔操作ロボットなども開発するという。ホンダは2030年までに人工衛星を宇宙に運ぶ試験機を打ち上げ、小型ロケット事業に参入するとしている。

 今年4月に就任した三部敏宏社長が“脱エンジン”を宣言したホンダは、今後こうした自動車とは異なる宇宙領域に挑戦するというのだ。

 ホンダは、今回の発表についてこう説明する。

「現在、会社の方針として『2050年カーボンニュートラル実現』『2050年Hondaの二輪車・四輪車の関わる交通事故死ゼロ』そして『新たな領域へのチャレンジ』の3つを掲げています。『脱エンジン、EVシフト』と言われている四輪電動化はカーボンニュートラルへの取り組みの一環です。

 一方、新たな領域へのチャレンジとして、宇宙への取り組みは、2019年に宇宙プロジェクトチームを発足させ、『人の暮らしを豊かにする次の価値を提供する』という視点で、ロケットを含めていくつかの研究開発を行なってきました」(広報部)

 なぜ宇宙を目指したのか。ホンダはこう語る。

「『モビリティの枠組みで技術を通じて人の役に立つ』を基本とし、二輪、パワープロダクツや船外機、四輪、航空機とその領域を拡げてきました。このような『陸・海・空』と拡げてきたモビリティの次に来たるフィールドとして、宇宙への拡大を考えました。

 宇宙活用により人々の地上での暮らしを豊かにするという観点で、人工衛星打ち上げを支えるロケットの開発。また人類の活動領域の拡大として月面での活動をサポートするシステムを、それぞれターゲットとしています」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。