マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

市場暴落後の「中長期リバウンド」 狙い目の銘柄は?

2016年10月20日 7:00 マネーポスト(雑誌)

 株式市場が暴落した後は、リバウンドを狙うチャンスでもある。投資情報サイト「株式予報」代表の中原良太氏が、過去16年の株式市場の膨大なデータを徹底解析したところ、暴落後のリバウンドの狙い方が見えてきた。ここでは「中長期的なリバウンド」の狙い方について、中原氏が解説する。

中長期リバウンド銘柄を紹介
中長期リバウンド銘柄を紹介

 * * *
 東証1部の騰落レシオ(10日間)が50以下になった(市場が暴落した)日の翌営業日に購入し60営業日保有し、その翌営業日に売却するというシミュレーションを行なった。

 2000年以降で、総取引回数は約26万回あり、そのうち約14.7万回で利益が出て、約11.6万回が損失となった。勝率は約55%で、利益期待値は3.65%。

 投資期間が長くなるため、短期リバウンドと比べて平均利益(16.03%)も平均損失(11.69%)も大きくなり、期待値も高い(3.65%)。

 市場別で見ると、やはりマザーズのパフォーマンスが高い(期待値12.65%)。

 しかし、そもそも「暴落時のリバウンド」というリスクの高い投資をしているうえ、60営業日と比較的期間も長いことを考えると、できるだけリスクを抑えた安全な投資を選択したい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。