マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

「コロナ後」を見越して注目しておきたい「株主優待」が手厚い銘柄一覧

2021年11月4日 19:00 週刊ポスト

「株主優待」の手厚い注目銘柄【1】
「株主優待」の手厚い注目銘柄【1】

 来年に向けて日本経済の回復が期待されるなか、どうすればその恩恵に与れるのか。活況が見込めるとはいえ、株投資にリスクがあるのも事実だ。大切な財産を守りながら増やすうえでは、「株主優待」に注目する選択肢もあるだろう。

 投資のプロたちは、すでに「コロナ後」の日本株の復活を見越して動き始めている。マーケットバンク代表の岡山憲史氏が言う。

「岸田政権は来年の参院選に向けて、積極財政で消費を拡大、企業業績を回復させ、株価上昇の好循環を生み出すことが最重要課題。今後の株高に期待が高まります」

 ただし、元本保証ではない株投資にはリスクがつきもの。投資経験の少ない個人が上昇気流に乗るための注意点を、こころトレード研究所所長の坂本慎太郎氏が指摘する。

「株投資に不慣れな人は“資産を減らさない”ことを優先して考えましょう。株の大きな値上がりを狙うと、急激な下落で損をするリスクとセットになってしまう。そこで、株を持っているだけで得られる利益、いわゆる“インカムゲイン”を狙う投資法を推奨します」

 注目したいのが「株主優待」の手厚い銘柄である。企業が株主に対して、自社製品やサービスの優待券などを“プレゼント”する仕組みのことだ。

「この年末から年度末(来年3月末)にかけては株主優待の手厚い銘柄をしっかり選べるチャンスと言えるでしょう。特にコロナ禍で営業自粛を強いられていた飲食店やレジャー施設は、全面的な営業再開により株主への還元に注力しやすい状況が生まれたので、注目に値します」(坂本氏)

 別掲表は、坂本氏と株主優待に詳しいファイナンシャルプランナーの森田悦子氏が挙げた注目の優待銘柄25の一覧だ。

毎年安定した収入に

 株主優待の恩恵を受けるには、銘柄ごとに異なる「権利確定日」の2営業日前の「権利付き最終日」(今年11月末なら26日)に、その株を保有している必要がある。

 まず、11月末に権利が確定するのが不動産事業を手がけるサムティだ。

「全国13ホテルで使える無料宿泊券がもらえる人気銘柄です」(森田氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。