マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

運転中の車内にハチが侵入 もし事故が起きたら賠償金は減額されるか

2021年11月14日 16:00 週刊ポスト

想定外の事態が引き起こした事故の場合、賠償金はどうなる?(イメージ)
想定外の事態が引き起こした事故の場合、賠償金はどうなる?(イメージ)

 自動車による人身事故の過失の度合いは、事故原因の責任の重さなどから判断される。では回避困難な事態のなかで事故を起こしてしまった場合、賠償の免責や減額はあるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 車を運転中、窓からハチが侵入。なんとか停止させ、車内から脱出しましたが、もしも運転中に刺された結果、運転を誤り、建物に突っ込んだら……と思うと、ゾッとしました。なんにせよ、車内へのハチの乱入は想定外ですし、この状況で事故を起こした場合、賠償などは多少なりとも、減額されるのでしょうか。

【回答】
 人身事故になると、免責や減額は、まず不可能です。物損事故でも、運転操作を誤ったと判断された場合、不法行為として賠償義務を負います。ハチが原因で起きた交通事故の例は知りませんが、小動物との衝突や衝突回避の急転把による事故は散見します。

 例えば、北海道の高速道路で、キツネを避けて中央分離帯に衝突した事故。キツネの侵入を許した高速道路側の管理責任が問題になりました。最高裁は「走行中の自動車がキツネ等の小動物と接触すること自体により自動車の運転者等が死傷するような事故が発生する危険性は高いものではなく、通常は、自動車の運転者が適切な運転操作を行うことにより死傷事故を回避することを期待することができる」と判断しています。

 前半部分は、高速道路における小動物対策の必要性が大きくないことの指摘ですが、後半は運転者の運転操作の重要さを強調しています。犬や猫との衝突回避を原因とする事故の事例でも、危険を認識した時点で徐行・減速、あるいは適確なハンドル操作が求められるとし、過失を認めています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。