マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

『原神』『アークナイツ』…ユーザーの声から探る「中国発スマホゲーム」人気の理由

2021年11月16日 15:00 マネーポストWEB

中国発のスマホゲームのどこに惹かれるのか?(イメージ)
中国発のスマホゲームのどこに惹かれるのか?(イメージ)

 世界を魅了し続けてきた日本のゲーム。だが今、市場を席巻しつつある存在は、中国発のスマホゲームだ。米調査会社アップアニーによる2021年上期の世界のスマホゲーム収益ランキングでは、トップ10に中国発のスマホゲームが4タイトルも並んでいる。実査し、日本国内でも中国のスマホゲームに魅了されている人は少なくない。実際にプレイするユーザーの声から人気の秘密を探った。

まるで日本の寿司が海外で進化したよう

「『原神』みたいなキャラクターデザインと世界観がなぜ、日本から生まれなかったのか。秋葉原にあふれる広告を見ると、しみじみ思います」

 そう話すのは、メーカーに勤務する20代男性・Aさんだ。『原神』はmiHoYoのマルチプラットフォーム対応オープンワールドアクションRPG。スマホゲームとは思えないほど、美麗な3Dグラフィックで描かれたファンタジー世界を旅することができる。Aさんは、『原神』には良い意味で期待を裏切られたという。

「実はこれまでスマホゲームにあまり興味がありませんでした。『ポチポチするだけで、なんの面白味もない作業を繰り返すだけ』というイメージだったんです。ガチャが当たる確率もひどい印象が強くて……。でも、『原神』は違いました。3D世界を探索しているだけでもめちゃくちゃ楽しいし、キャラクターを強化できる素材を集めるのも、やりこみ要素があってハマりました。

 懸念されたガチャも親切なほうだと思います。キャラクターは90連、武器は80連で最高レアが確定で排出されます。確かに高みを目指そうとすれば1キャラクターで10万~15万円くらいはかかるかもしれませんが、人と争うような要素はないので気楽です。好きなキャラクターと旅するだけでも楽しめると思います」(Aさん)

 中国発の『原神』には日本を感じる部分もあるという。どういうことなのか。

「『原神』には様々な国が出てきますが、3番目の国で日本をモチーフにした国が登場します。江戸時代と思われる世界観のもと、桜、神社、巫女、将軍、天守閣、刀、着物、料理など、日本を感じさせるものにあふれています。極めつけはキャラクターが海外受けしそうな“THE日本”というデザイン。日本の魅力をよくわかっている印象です。

 設定やグラフィック、戦闘システムなど、どことなく『テイルズ』『モンハン』『ゼルダ』など、日本の有名タイトルを感じさせる部分もありますが、その完成度は高い。まったく別物として昇華されていて、まるで日本の寿司が海外で思わぬ進化を遂げたような感じです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。