マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

『原神』『アークナイツ』…ユーザーの声から探る「中国発スマホゲーム」人気の理由

2021年11月16日 15:00 マネーポストWEB

ガチャがかなり“優しい”

 IT企業に勤める30代男性・Bさんがハマっているのは、Hypergryphが開発し、日本ではYostarが運営・配信するタワーディフェンスゲーム『アークナイツ』だ。タワーディフェンスとは、自陣に向かってくる敵に対して、キャラクターを配置し、敵を撃退して防衛するゲームジャンルである。

「これまでのスマホゲームとは一線を画するというか、まるで据え置き機のようなゲームです。工夫しながらソロでじっくりとプレイする戦略性の高いゲームだと思います。たとえ最高レアのキャラがそろっていても、確実に勝てるわけではないというのが興味深いところ。キャラクターの配置場所やスキルのタイミングなどで変わってきます。逆に言えば、工夫次第で低レアキャラクターだけでも勝ててしまうというのが面白い」(Bさん)

 Bさん曰く、他のスマホゲームに比べてガチャの依存度が低いうえに、その仕組みも優しいものになっているという。

「私の知る限り、ガチャがかなり“優しい”ゲームだと思います。51回目以降は確率が上がっていき、99回目で確実に出る仕組み。ガチャ以外でキャラクターが出る仕組みもあり、低レアだけでなく最高レアのキャラクターを手に入れられることも。毎日ログインしていれば、月額600円で10回はガチャを引けると思います。それで十分に楽しめてしまう」(Bさん)

 ゲームのバランスについても、「絶妙」とBさんは唸る。

「リリースからしばらく経つと、初期に登場したキャラクターが活躍できなくなるゲームが多い中、『アークナイツ』は第一線で活躍できる絶妙なバランスを保っています。単にガチャを引かせるために、強さがインフレしていく日本のゲームとは大違い。ただし、ストーリーは絶望的に暗くて人を選ぶのも事実です。私はその暗い世界観も含めて好きになったのですが、こんなにスマホゲームにハマったのは初めてで、我ながら驚いています」(Bさん)

 中国発のスマホゲームの躍進はまだまだ続くか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。