トレンド

自粛生活で冷凍食品が大躍進の2021年 “自粛太り”対策食品も流行

自粛生活で冷凍食品の需要が急増(イメージ)

自粛生活で冷凍食品の需要が急増(イメージ)

 2021年が終わろうとしているが、自粛生活が続いた中で、1年間、自炊を続けたという人も多かったのではないだろうか。そうした中で2021年の“おうちごはん”にかかわるヒット商品やトレンドを振り返ってみよう。

 2020年にツイッターでギョーザを中心に「手抜き・手間抜き論争」を巻き起こした冷凍食品も、このコロナ禍で大躍進を遂げている。

 特筆すべきは、五輪選手村でも振る舞われた『味の素 ギョーザ』。もともと18年間売り上げナンバーワンの大人気商品だが“五輪特需”でさらに注目度が高まったとされる。冷凍食品ジャーナリストの山本純子さんが言う。

「冷凍食品は、コロナ禍で新しいユーザーを多く獲得しました。これまでは主婦がお弁当づくりや夕食の一品として利用するイメージでしたが、毎日買い物にも行きづらい自粛生活で、保存がきき、かつ便利でおいしい食事として、若い世代からシニアまで間口が広がったと考えられます。

 かつては“保存料がいっぱい”“栄養がない”と考えているかたが多かったのですが、その誤解も解消されつつあります。細菌が繁殖できない温度帯で保管・流通する冷凍食品は保存料が不要で、急速冷凍すれば食材の組織を壊さないので、栄養価もそのまま保たれます。例えば、冷凍ほうれん草は旬の時期に生産するので、季節によっては生鮮のほうれん草よりもビタミンC量が多いということもわかっています。ラクで、おいしくて、健康にもいいと利用者が増えたので、今後もますますよい商品が開発されていくと思います」

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。