マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

スーパーで見知らぬ男にぶつかられて骨折、特定できたら慰謝料請求は可能か

2021年12月22日 16:00 女性セブン

 しかし、けがの治療費や慰謝料の請求には、事故後に感じた肋骨あたりの痛みや診断された骨のヒビがその衝突で起きたことを証明する必要があります。この点は、医師の診断書のほか、防犯カメラの映像で、当たった体の部位や当たりの強さがわかると役立ちます。

 その一方で、防犯カメラの映像であなたの何らかの不注意が明らかになれば、過失相殺の対象として賠償額の減額要因になることもあります。問題は防犯カメラの映像だけで男性の特定は難しいという点です。画像が鮮明でなければ困難ですし、顔や服装などがわかったとしても、どこの誰だかわからないと賠償請求のしようがありません。

 しかし不注意で人にぶつかってけがをさせる行為は、不法行為という民事の問題だけでなく、「過失により人を傷害した」過失傷害の罪になり、30万円以下の罰金または科料で処罰される刑事事件になります。ただし、過失傷害は被害者が告訴しなければ処罰されません。

 そこで、加害者がわからなかったり、人物を特定できたのに責任を認めないときは、衝突事故が起きた顛末をまとめ、診断書や防犯カメラの映像のデータを添えて警察に持参し、相談することをおすすめします。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。射手座・B型。

※女性セブン2022年1月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。