秋山博康 刑事バカ一代

「被害者の気持ちになってみぃ!」リーゼント刑事が激怒した下着ドロの犯行

布団のように見えたのが実は…(イラスト/友利琢也)

布団のように見えたのが実は…(イラスト/友利琢也)

 徳島県警を退職後は犯罪コメンテーターとして活躍する「リーゼント刑事」こと秋山博康氏の連載「刑事バカ一代」。今回は女性の大敵「下着泥棒」との闘いについて綴る。

 * * *
 おはようさん、リーゼント刑事こと秋山博康です。

 11月末、米国の動画販売サイトでわいせつ動画を販売し、巨額の利益を得ていた連中が一斉に摘発された。その中には、東大卒の研究者や国家公務員も含まれていたというから世も末や。

 ワシも刑事の頃、裏ビデオ業者を摘発したことがある。まだビデオテープが使われていた時代で「何時何分に女性の陰部が露呈した」といった証拠を固めるため、何日も徹夜して100本以上のテープを見続けた。「楽しそうな仕事やな~」とからかう人もおるが、男と女のアソコが目に焼きついてほとほと困ったで(苦笑)。

 下着泥棒にも何度も関わった。捜査で下着ドロを捕まえたら、押収した下着を被害者に確認してもらうが、犯人は盗品を頭から被ったり自分で履いたりするから、下着が汚れとることが多い。すると被害女性が恥ずかしがって、「これは自分のものではない」と答えて捜査がストップしてしまうんや。

 そこでワシは、押収した大量の下着をコインランドリーで洗濯することにした。椅子に座って洗濯が終わるのを待っとると、カゴを抱えた中年女性がやって来て、グルグル回る大量の下着とワシの顔を一瞥するや否や、血相を変えて立ち去った。嫌な予感がした数分後、ウ~~ンとサイレン音が聞こえてパトカーが到着した。中年女性がワシを見て「下着ドロがおる」と通報したんや……。

 別の下着泥棒事件で容疑者宅をガサ入れした時は、万年床がやたら華やかだった。「カラフルな布団やな~」と近づいてよく見ると、布団のように見えたのは、ブラジャーやパンティを縫い合わせたカバーだった。掛布団と敷布団、枕に至るまで、盗んだ下着のパッチワークに包まれとったんや!

 さすがのワシも面食らって「お前これ、盗んだ下着やないかっ!!」と言うと、下着ドロはニヤリと笑ってこうつぶやいた。「秋山さん、これ寝心地が最高なんや」――。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。