中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

「実はいいことずくめです」離職率が高い会社で働き続ける古参社員の本音

連日の残業で心身ともに疲弊しまくっているかと思いきや…(イメージ)

連日の残業で心身ともに疲弊しまくっているかと思いきや…(イメージ)

 離職率が高い企業というものはあるが、そうした企業にも「古参社員」は存在する。激務の一方で給与水準が低い、いわゆる「ブラック企業」と言われる企業でもそれは同様だ。そうした社員たちは、日々、心身が疲弊するような生活をずっと続けているかと思いきや、案外、会社生活に満足しているというケースも多いという。どういうことなのか。これまで多くの会社の人たちと仕事をしてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、「離職率が高い会社で働き続ける人たち」の本音をリポートする。

 * * *
 具体的企業名を特定するのは避けますが、私のような編集・ライター業をしていると様々な会社と取引することになります。出版社やIT企業をはじめ、広告会社やPR会社など様々ですが、とにかくこれらの業種の人たちは、他の業種と比べてバンバン辞めていく印象です。これらの業務で培った能力が同業種でも他業種でも通用する、というのはあるのかもしれませんが、やたらと「BCCにて失礼します。本来は直接お会いしてお伝えすべきでしたが……」という退職メールがやってきます。

 あとは、「久々に飲みましょうよ!」と言われて飲むと「実は僕、会社辞めちゃいまして(笑)。なんか仕事あったらくださいよ!」なんて言われることもあります。そうした人もいずれはどこかの会社に無事転職しています。

 今回クローズアップしたいのは、こうした離職率のやたらと高い会社に長年いる人々の考え方についてです。以前、失礼ながら40代の課長・Aさんに聞いてしまったんですよ。「Aさんの会社ってバンバン人辞めるけど、Aさんはなんでまだ会社に残っているんですか?」と。その答えはコレでした。

「いやぁ~、ウチの会社、確かにバンバン人が辞めるんですけど、そうなるとシワ寄せが残った人に来ますよね。とにかくその作業をさばかなくちゃ、ということで日々残業していたら残業代はつくし、仕事の効率も良くなるし、上司は僕に感謝してくれるし、結果的にいいことずくめでした」

 Aさんは周囲の社員が辞めていくことにより、自分に仕事が集中するようになって、仕事人としての能力が高まったといいます。そもそもAさんの会社に入る人は、他に本命の業界があったけどそれが叶わず、そこに近い業界だから、という理由で入ってくるケースも多いです。そのため、かつての夢(本命の業界で働くこと)を諦めきれない人たちが転職するのを何度も見てきました。ただ、Aさんは「仕事なんてどこでやっても同じだ」という割り切りをしたことで、結局社内で重宝される存在になり、今では非常に快適な職場になったとのことです。もちろん定年までこの会社に勤め上げるつもりのようです。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。