マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

主婦パートで「いま狙い目の業種」は? 画像タグ付けなどの求人も増加

2022年1月23日 16:00 女性セブン

アルバイト・パートの求人件数はこれだけ増えている
アルバイト・パートの求人件数はこれだけ増えている

 厚生労働省の調査によると、2021年11月分の有効求人倍率は全国平均1.15倍で、コロナ禍の影響でもっとも低くなった2020年9~10月の1.04倍に比べると、少しずつ求人数が増加しているようだ。そんないまこそ、好条件の仕事に就きたいもの。特に女性にとって、いま狙い目はどの業種か、専門家に聞いた。

配達、物流、資格を生かせる仕事が稼げる

 主婦向けの求人サイト「しゅふJOB」を運営するビースタイルメディアの代表取締役社長、小牟田斉美さんは言う。

「コロナ禍による不景気が問題になっていますが、パートの有効求人倍率は2021年5月から少しずつ上昇しています。飲食店などの調理やホールスタッフ、リラクセーションなどの美容・エステ系、家事代行などがその一例で、職種によっては未経験でも採用されやすくなっています」

 もともと求人数が多かった介護と保育は、法改正によって今年2月から収入の3%程度(月額約9000円)、看護師は1%程度(月額約4000円)、賃金が上がる見通しだ。また、物流系や飲食のデリバリー系の時給も上昇。別表の通り、求人件数も平均時給も格段に上がっている。

「ネット通販やウーバーイーツなどの宅配・出前が活発になった影響が考えられます」(小牟田さん・以下同)

 デリバリー系は時給制のほか、配達件数に応じて報酬が上がる成果報酬制かつ、日払い制を設けている場合が多く、別表の数字はそれを時給換算したものだ。

「成果報酬制の場合、未経験だと若干給与が下がる傾向にありますが、人口が密集するエリアでは稼げるようです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。